レガシー ドライブシャフトブーツ(インナー)交換

      2017/12/25    daisyousekiyu    未分類  

そうです。やっぱりレガシーです。久しぶりです。
インナーブーツの割れと言ったらやっぱりレガシーです!
さてさて、何十台目でしょうか・・・。

 

フロント左の内側です。
見たとおりでございます。

 

まずはハブのロックナットを外します。
緩み止めにかしめてあるので、ドライバーで起こします。

 

インパクトでロックナットを外します。35mmだったかな?

 

ナックルとショックも切り離します。

この時、2本のボルトで止まっているんですが、見たとおり上のボルトとショックの合わせ目にダイヤルがふってあり、位置合わせが必要になっています。外す前にマーキングをしておきます。

 

外した上側のボルト、このように偏心になっており、回し角度によって中心が移動するんですな。
キャンバー角度が変わってくるということですね。

 

ハブのスプラインにドライブシャフトのスプラインが固着。よくあります。
特殊工具を装着し、インパクトで押し込み押し込み、ハンマーでガンガン行きます!

 

外れました!!!

 

こんな感じです。

 

お次は内側、ミッションに入っている方を抜いていきます。
レガシーでは、ミッションから突き出たギヤとシャフトエンドに穴があり、そこにワニ口クリップが入っています。
細くなっているところの小さな穴がその部分です。

 

径を合わせたポンチを当て、叩いてクリップを抜き取ります。

 

取れました!!

 

そうすると後はスルスル簡単に抜けます。

 

ハイ、取れました!

 

ここからはブーツを取り替える作業です。
シャフト本体を万力に固定します。

 

中でスナップリングが抜けどめになっています。
ドライバーを突っ込みリングを外します。

 

ボールジョイント側にもスナップリングが入っています。
抜きます。

 

取ります(^O^)

 

割れたブーツを抜き取ります(^O^)

 

抜き取ったパーツです。
こんな感じです。後は汚れをきれいにし、中のグリースを入れ替えます。

 

新品のブーツを取り付けます。
このあとは逆の手順で車両に取り付け。これでバッチリ!!
この車は左は前にやっているので、これでしばらく大丈夫でしょう。
車検で車を上げた時、レガシーの場合まずブーツをみるのは僕だけでしょうか?

ではまた( ̄^ ̄)ゞ