週替りお得情報
週替りお得情報
整備修理ブログ
整備修理ブログ

カローラ ショックアブソーバ交換

      2018/06/03    daisyousekiyu    ★メカニックブログ  

H7年のカローラです。

車検なのですが、走行時にゴトゴト音。リフトアップするまでもなく、 車両を下から覗くと明らかにショックのオイル漏れ。
まあ、年式も相応なので少なからずこの辺の不具合は 発生しますね。
今回こちらを純正にて交換します。

 

まずは本体につながっているスタビライザリンクを外します。
先がボールジョイントになっていて、 締め付けナットを回すと案の定ボルト部も共回りするので、ボルト先の六角穴にレンチを入れて、固定しながらナットを 緩めます。

 

ブレーキのパイプとホースの接合を一度外します。
ショック本体に溶接されているブラケット穴をくぐっているため、 ここの接合を外さないことには本体が抜けてきません。
後でエア抜きが必要になります。
製造時にもう少し気をつかってくれるだけで わざわざパイプの結合を外さないで済むのですが、もちろん僕の小さな声は誰にも届かないので、やはりブツブツ言いながら結合を 外すのです・・・。

 

ちょいと太めのボルト2本を外します。これで下の方はOKです。

 

最後に上3箇所のナットを外します。
リヤシートをめくるとショックの頭が見えてきます。
3つのナットを外すとショックがドスンと下がるので、最後の1つを 外す時は片手でショック本体を持ちながら外します。

 

取れました!やはりなかなかにオイル漏れしています。

 

「サスコン」っていう工具を使い、スプリングを縮めます。
とても手で縮まるような代物ではありません。
ちなみにスプリングをショックから 外す時にはサスコンを使わなくても無理やりに外せますが(ちょっと危ないです)、入れるのはやはり無理なので、外すときに先に縮めます。ちょっとピンボケ 写真ですみません。

 

これが裸のショック本体です。
左が新品。見てわかるように、無負荷の状態でも現状品はバーが上がってきません。
圧力が抜けてしまっているんですね。
これでは車の上下動を抑制することはできませんね。

 

逆の手順でスプリングをショック本体に組み付けます。
上の皿なんかは今回は問題ないので再使用します。

 

車両に取り付けます。これで完成!
乗り心地はかなり変わるでしょう!
こういう風に、取り替えると乗っている、お客様がすぐに効果を 実感できるものって、僕らもとてもやりやすいです。喜んでくれるかな?