レガシー ディスクロータ&パッド交換

      2017/12/25    daisyousekiyu    未分類  

今回はレガシーのフロントディスクロータとブレーキパッドの交換をします。

 

以前に別件(リヤショック交換)で車両入庫した際にブレーキの不具合も発見し、今回ご依頼により 作業することとなりました。写真でのパッと見では、ローターは割合綺麗に見えますが・・・。

 

とりあえずパッドをキャリパーから外し、キャリパーをマウントから外して、ローターを外す下準備です。

 

ディスクロータはサビによりハブに固着している場合が多いです。
その場合、 ロータにネジ山が2箇所切ってあるので、そこにボルトを少しずつ入れていき、スプレータイプの潤滑剤などを隙間に 入れながら反力によりローターを浮かせていきます。

 

取れました。
写真がロータのウラ面とパッドです。このように、表面は特にサビが進んでいなくても ウラ面が進行していることが非常に多い・・・。
そこに当たるパッドもよく見るとわかるように 偏摩耗してしまいます(写真右側のパッド)。サビているところでは制動力は働かないんです。

 

このレガシーのローターは、2枚合わせになっており、間に放熱用のフィンを使っている ベンチレーテッドディスクです。
ベンチレーテッドでは、フィンのサビが進むと剛性の問題から 場合により研磨が難しくなってしまいます。
今回も、その判断から「交換」としました。

 

今回は程度のいい中古品を使用します。
この中古品はサビも進んでいないので研磨可能で、研磨済みと いうことで用意しました。ややしばらくは持つでしょう。

 

完成です!綺麗ですね!
パッドはもちろん新品に交換しました。
これでブレーキはバッチリ!