週替りお得情報
週替りお得情報
整備修理ブログ
整備修理ブログ

駆除

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記  

こだまの森です。

今朝のニュースで、ここ数日札幌市内の住宅街に現れていた熊一頭が駆除されたことを知りました。

「あー、そうなんだ・・・」というのが最初に思ったこと。

近隣の住民の方は、外出さえできない数日を過ごされていたことと思いますし、このままではいつか人的被害が出たかもしれない。そこを思うと一安心でしょうか。

 

以前、あるドキュメンタリーをテレビで観ました。それは知床地区、たしか羅臼での取材をまとめたものであったと思います。ヒグマの生息数が多いその地区では、人間の住む世界とヒグマの住む世界が隣り合っているというより交じり合っている世界のようでした。そこでは、ひとたび人間地域での活動を覚えてしまったヒグマはやはり駆除されてしまいます。ただ、そのヒグマ1頭1頭を環境保護の観点から管理されている組織があり、その方たちはなんとか共存できないかと必死に活動されていました。そしてどうしても駆除せざるを得ない状況になったときのその方たちの心情は、テレビを通してまざまざと伝わってきました。

 

こういう問題は、簡単に意見を言える問題ではありません。

ただ、今回駆除されてしまったそのヒグマは、

好奇心旺盛だったんだと思います。

新しい場所に行ってみたかったのかもしれない。

そして僕みたいに食いしん坊だったのかもしれない。

もしかしたら、新しい友達が欲しかったのかもしれない。

 

もしも。

もしも人間だったのなら、友達になれたのかもしれない。