週替りお得情報
週替りお得情報
整備修理ブログ
整備修理ブログ

日記

こわぁー

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記, 未分類  

マスカットです。

 

 

スタンドの向かいにある公園の木に 今年もカラスが巣を作り ただ今子育中。

 

巣を守ろうと「カーカー」と威嚇して 巣のそばを通る人達を後ろから脚で蹴るように攻撃。

 

毎日何人も攻撃されている。ひどいわ~(/_;)

 

小学生の通学路なので子供達が襲われないか心配だったけど 子供達を襲うことはしないよう

 

なのでよかったけど カラスはわかっているのかね?(゜-゜)

 

テレビで 巣の近くを通る時は 腕をまっすぐ上げて通るとよいと言っていたけど 果たし

て・・・ホントに?!

 

市では巣を撤去はしないようなので 子育てカラスには注意です。

 

 

 

初めての「ピッ」

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記  

こだまの森です。

昨今世間でにぎわっている「キャッシュレス」。

 

どちらかというと時流に乗るのは遅い方なのですが、これについては、

「うん、これはそろそろ始めたい。この流れは早めについていこう」と思っていました。

日頃の食糧品の買い物や、たまに買う日用品、その他はクレッジトカードを使うことが最近はすでに多かったのですが、やりたかったのは、スマートフォンで「ピッ」ってやるやつです。

思ってはいたものの、当然「やりかた」が今一わからない。少し前に例のラ〇ンペイ(あの緑っぽいやつです)を登録しようとしたのですが途中で断念していました。

ですが、先日スマートフォンを変更した際に一緒にクレジットカードを勧めてもらい、さらに連動してペイ×2(あの100億円いっきに無くなったやつです)の登録も勧められました。お、これ幸いということでついでにラ〇インペイの登録も素敵な携帯ショップの店員さんにお願いしました。

登録の過程、両方とも自分でやることは結構あったのですが、最初の壁を越えられたおかげで何とか無事に使えるようになったのです。

 

さあ、準備は整った。

あとは実践あるのみ。

まず最初に僕が選んだのは大手牛丼屋系列〇屋。

いつも行くときに食券機にQRコード読み取り口があるのは知っていました。あの気になってい光るガラス面にいよいよ挑みます。

 

行きました。

食券機の前に立ちます。

少し緊張。

商品を選び、画面を開き左手に用意していたスマホをガラス面にかざします・・・。

・・・・・・・・。

「この〇〇〇〇(何とかかんとか)は使用できません」と表示。

 

?!

 

再チャレンジ。

 

「この〇〇〇〇(何とかかんとか)は使用できません」 再表示。

 

なぜだ・・・。

何が悪い・・・。

 

そうしていると、後ろに次のお客さんが・・・。

「あ、先どうぞ」

「あ、すみません。」

一人やり過ごす。

ふう。

落ち着け。

かざす角度の問題か。

 

再チャレンジ。

 

「この〇〇〇〇(何とかかんとか)は使用できません」

 

おいおい!まじか。

でまた後ろに人が・・・。

 

「あ、先どうぞ」

「あ、すみません。」

 

一旦退却。

車に戻る。

冷静になる・・・。

「!」。

思いつき、スマホで「〇屋 ラ〇インペイ」と検索をかける。

するとやり方の動画を発見!

見てみると・・・。

「!」

食券機に「QRコード読み取り」のボタンが!

なるほど。これを押せばいいのか!

OK。解決!

おもむろに車のドアを開け、店の入り口に入る。

 

再々チャレンジ。

 

・・・・・

「ピッ」!!!

 

おお!!!

できた!!!

勝った!!!

 

というわけでまずはなんとか第1ステージクリア!

この苦労するってところが年齢なんだろうな。

いやいや、まだ戦いは始まったばかり。

 

次はペイ×2だな。

スポーツの真髄についての個人的考察

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記, 未分類  

こだまの森です。

 

「オリンピックで金メダルを取る!」という人がいます。

「甲子園に行く!」

「花園へ行く!」

「全国制覇!」

「世界記録!」

などなど・・・。

彼女、彼らはそのためにすさまじい努力をします。

結果的にはいろいろなモノ・コトを犠牲にさえします。

僕らは時にそこまで行くための彼女、彼らの過程を見聞きし、

実際に成果を披露する場面を目の当たりにします。

 

そこには強烈な感動があります。

琴線をゆさぶられる物語もあります・・・。

 

あるスポーツがありました。

一人の人がいます。

その人は幼少期よりそのスポーツに対して類まれなる才能が有り、また、必要ならば努力ができる強い心もあります。

 

当然のように周囲はその将来を多いに期待し、様々な環境を用意します。

お金をかけてレベルアップのためのトレーニング環境を用意し、

そのスポーツが強いと呼ばれる学校・スクールに行かせます。

専属コーチもつけるかもしれない。

全ては世間で言われる「頂点」に立つために・・・。

 

だけど、ただ一つ、そのためには大きな障壁がありました。

それは、

そのひとにとっては「頂点」は全く興味のないものだったのです。

そのひとはただ、そのスポーツが「好き」だっただけ。

そのスポーツはやってて「楽しかった」のです。

 

「もっと速い記録を出すのが楽しい」

「勝つのが楽しい」

「うまくなるのが楽しい」

「そのためにきつい練習をやることは何とも思わない」

 

それらはどれもその人にとって違いました。

 

「そのスポーツをプレイすることが楽しい」

ただそれだけだったのです。

その人にとってそのスポーツは、幼少期より続けている「遊び」以外の何ものでもなかったのです。

 

そのひとはきっと周囲とのギャップに悩むでしょう。

もしかしたら自分を責めるかもしれない。

「やるべきこと」を望まず変えてしまうかもしれない。

 

もしも。

もしもその人が「自分のため」にスポーツをするならば・・・。

いや、

僕は自分のためにしてほしい。

誰もその人を責めてはいけない。

 

自分のためにするならば。

 

「思い切り楽しんで!」

僕にはそれ以外に言うべき言葉はない気がする・・・。

楽しんでいる君がたぶん好きだろうな。

 

だって。

それはスポーツだもの。

 

 

 

 

 

久しぶり

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記  

マスカットです。

 

先日いつもお散歩途中に寄り道してくれていたワンコが半年ぶりに会いにきて

くれました。

「寒い中ワンコに付きあわせるのが申し訳ない」と飼い主さんの気遣いでお散歩コースを変更していたようです(^_^.)

 

ちゃんと覚えていてくれていたようで いつものように癒してくれました。

 

元気にお散歩していてよかった♫

 

「メタボ」ってやつ?

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記  

こだまの森です。

 

僕の密かな自慢として、高校生からの体重が20数年たった今も一度も変わっていないことがあります。

友人などからたまに、「全然変わらんよな」なんてたまに言われることがけっこううれしかったり。(髪ではなくあくまでおおまかな体型)

ただ、体重が変わらなくても体型の変化にはここ数年気づいていました。

そう、「下っ腹」です。

それでも友人などは服の上からでも明らかに「出てる」のに対して、僕の場合はお腹の「割れ」が目立たなくなり指でつまめる脂肪の厚さがやや増えた程度。服の上からはあまり変化なし。

とあまり気にしていなかったのですが・・・。

あれ?・・・

なんかだいぶ出てきてない?腹・・・。

そう、近頃急激に出てきたような・・・。

鏡の前で横向きに立ってみます。

(出てる・・・)

あぐらをかき前かがみになってみます。

(出てる・・・)

おいおい、俺も来たか?

 

これはなんとかせんと・・・。

うん。

 

で、腹筋30回実施。

 

いやいや、けっこうきついし。

 

うん、続けるために、次は20回で。

で、2日に1回かな。

いやいや3日に1回いいとこか。

 

さて・・・。

さて。

 

また?

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記, 未分類  

マスカットです。

 

 

 

「令和」になって10日が過ぎ  いまだに日付記入を 「H 31」 と記入してしまう・・・。

 

平成の時こんなに間違えていたっけ?と思うも  覚えていない笑(>_<)

 

意識が足りないのか 慣れなのか・・・今日も「H31」と書いてイライラ(-_-;)

 

 

 

平成最後の日に。

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記  

こだまの森です。

いよいよ今日から令和最初の仕事です。

GW中はゆっくりと体を休めさせていただきました。

またしっかり頑張っていきます。

 

4月30日のことでした。

ショップに行って携帯電話を取り替えてきました。

もともと無精者な自分。

取り替えるとなると、データの引き継ぎや、また新たに操作方法を

覚えるのも煩わしく、新しいモノにも全く興味が

無いため取り替えるつもりはなかったのですが、今のものが少し

調子が悪くなったり古くなって、いつ壊れるかわからない感じになってきたので

こんな時にしか行かないだろうということで仕方なく行った感じです。

 

対応してくれた方は笑顔の素敵な女性でした。

年の頃30歳くらいというところでしょうか。

「今お使いのものは4年半使ってますね」と苦笑気味に言われました。

そんなに長い方なの?みんなそんなに頻繁に取り替えるの?

まー、世間一般的にはそんな感じらしいです。

 

で、時間がかかるのは覚悟していったのですが、結果的には5時間居ました!

3時の予約から閉店の8時までかかりました。

 

ただ、その時間はさほど僕はさほど長く感じませんでした。

理由はその笑顔が素敵な女性が対応してくれた事。

僕からすれば煩雑、複雑な機種変更。いくつも質問しいくつもお願いしたりしました。

そのひとつひとつに対して、彼女はとても丁寧に面倒がらずに対応してくれました。

まだこの時間が続いてもいいかなと思えたほどでした。

 

「僕が平成最後のお客さんですね」

そういうと、

「私にとってはそうですね」と、

にっこり笑いながら言ってくれたその女性。

 

左手の薬指にしっかり光るものがついていました。

いつの世も、素敵な女性は男が放ってはおかないってことなんです・・・。

 

 

もうすぐ

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記  

マスカットです。

 

 

新元号まであと9日。

 

最近よく耳にするのは「平成最後の〇〇」

 

おとといは 平成最後の満月。

 

仕事の帰り空見ると「お。今日は満月だ~」と思いながら帰り(^_^)

 

翌朝ニュースで 平成最後の満月と知り 「そういえばいつもと違ってキレイに見えたかも?!」なんて思ったりして(^_^;)

 

「平成最後の〇〇」 あといくつあるのかな笑

次代の担い手

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記  

こだまの森です。

やっと、やっと雪解けです。

なんだかんだで例年よりタイヤ交換も遅い状況ですが、気温は2ケタ傾向になりなんとか春になったかな?という感じ。

 

先日、ニュースによると市内の公立小学校の入学式の日でした。

とてもいい日和でした。

スーツを着たご両親と、小さな背中が真新しいランドセルで全部隠れてしまっている小さな小さな学生さん。

その光景は毎年繰り返されているものです。

どのような人も、きっと目を細めて微笑んでしまうようなかけがえのない風景。

つくったものではない、本当に美しい風景です。

 

ただ今年、その風景はとても少なかったんです・・・

目にしたのはほんの2~3組でした。

 

僕はそれを寂しいと思いました。

 

僕らは形成した社会、生活習慣を次代へバトンタッチしていきます。

それはこの国に寄らず、この時代に寄らず、きっと「そういうもの」なのかなと。

 

個人にできることは限られていますし日常のなかではやるべきことの優先順位に追われるということもあります。

ただ、それはきっと根源。

せめて自分の目に届き手で触れる範囲においては努力しなきゃと。

「できるだけ」という修飾語つきで。

 

 

今夜は

       daisyousekiyu    スタッフブログ, 日記  

マスカットです。

 

 

今日 本社があるオホーツク海沿いの雄武町からお取り寄せした 毛カニが届きました。

 

今年は不漁のようでお値段はいつもより少々お高めだそうです(T_T)

 

晩御飯のメニューに悩んでいましたが せっかくおいしいカニさん届いたということで

 

今夜はカニパーにしよう♫

 

晩御飯 なんだけど・・・ カニでいいカニ?? V(^u^)V