週替りお得情報
週替りお得情報
整備修理ブログ
整備修理ブログ

★メカニックブログ

ソリオ ヒーターが効かないーーー温風出ない→サーモスタット交換

       daisyousekiyu    ★メカニックブログ  

こだまの森です。

ソリオです。

「水温計のマークが消えない」との入庫。調べます。

最近の車は水温ゲージではなく。ランプ点灯が主流です。

  

今は冬。アイドリングだけだとやはり水温は上がりにくいので、乗車して2000回転ぐらいでややしばらくアクセルをキープしてみます。OBDコネクタに診断機を接続し、モニターしながらです。

やはりなかなか水温は上がりません。当然ヒーターの温風もなかなか暖まりません。アクセルを10分くらい踏んで、40~50℃くらいまでやっと上がる感じです。

それからも上がりが明らかに遅い。サーモの可能性大です。

   

この車はラジエタホースのアッパ側についています。でアッパホースを握ってみると、あったかい・・・。

やっぱり・・・。

クーラント液がこの温度にも関わらずラジエタに流入しています。ということはサーモが開いてしまっているようです。 続きを読む

ハンドル切ると下からカツカツ音。足廻り異音はドライブシャフト!

       daisyousekiyu    ★メカニックブログ  

こだまの森です。

アルトです。「ハンドル切るとなんか音がする」とのこと。「カタカタ」?「カツカツ」?

「タイヤのあたりからする」とのこと。

話の内容からどうやらフロント左のドライブシャフトのジョイントの打音のようです。

リフトアップします。タイヤを外します。

シャフトを見ると・・・

やはりブーツが裂けています。

シャフトの左右方法に力を入れるとかなりガタがあります。やはり間違いありません。

ブーツが裂けて放っておいてしまうとジョイントが錆びてガタがでてしまいます。こうなるとブーツだけ

交換してもだめなのでシャフトごと交換しないと音は治りません。

ジョイントのガタは、最悪脱落につながる可能性があります(過去に実際数台あります。走行不能となり非常に危険!)ので、今回は説明の上シャフトごと交換することにしました。

 

シャフトを外す為、まずキャリパのアッパを外します。そのままでナックルを傾けるとブレーキホースが伸びきってしまうためです。

 

邪魔にならないようサスに針金で吊ります。

ハブのロックナットを外し、シャフトをフリーにします。

ABSセンサも、そのままだと伸びきってしまうため車体ととまっている数か所を外し、余裕を持たせます。

ナックルをショックから外します。

 

ナックルを傾けつつ、シャフトを引き抜きます。

 

ドライバ突っ込み作戦でナックルを支えておきます。

シャフトを根元から引き抜きます。

シールを傷つけないように慎重に。

 

抜けました。所要時間はおおよそ20~30分くらいです。

シャフトにはリビルト品(再生品)を使います。

あとは逆の手順で組み付け、抜けた分のATFを補充し、試運転して音が消えたことを確認して終了となります♪

「音」はいろいろな原因のパターンがあり、今回は割とわかりやすい異音に対する修理作業でした♫

クラウン パワステ異音→オイル漏れにてギヤボックス交換

       daisyousekiyu    ★メカニックブログ  

こだまの森です。今回はクラウンです。ハンドル切ると「グーグー」音がするとのこと。油圧式パワステなので、おそらくオイルが減って音しているのでしょう。で、診断。

案の定ポンプのオイルタンクを見るとオイルが減っています。エアを噛んで気泡状態です。

車両を上げて診てみると、ラックエンドブーツにピンホールの穴が開き、そこからオイルが滴っていました。どうやらギヤボックスのシールから漏れているようです。

お客様と話をし、取りあえずの処置としてあるメーカーから出している、ミッションやパワステのオイルシールからの漏れを止める添加剤を入れてみることにしました。添加剤をオイルに一定の割合で混合するのです。それで止まれば良し、金額も一番安く済みます。

後日添加剤が用意できた時点で再来店頂き、添加剤を注入。これで様子を見ることにします。

・・・数日後。

お客様から電話。

また音がするとのこと。

ある程度効果が出るまでは漏れもある為、取りあえずまたまた来店頂き漏れの程度を診ました。

下の写真。ラックブーツ内にオイルがたまってパンパンです。蛇腹になっていてもブーツが縮まらないほどです。残念ながら添加剤では防ぎきれないようです。お客様と相談の結果、ギヤボックスを中古で取り替えることにしました。

ギヤボックスを取り寄せ、改めて車両をリフトアップします。

セパレーターを使い、ナックルからタイロットエンドを切り離します。中古品はタイロットエンドごとついてきます。

外れました。同様に左も外します。

ハンドルから伸びるシャフトをジョイント部で切り離します。12MMのボルト一本でつながっています。

オイルを循環させるパイプの接続も外します。

 

コネクターも外します。エンジンルームに伸びています。

 

ポンプとつながるオイルパイプがクロスメンバーに止まっているので、そいつも外し・・・。

いよいよ本体を分離!で、当初クロスメンバーを残し隙間からと思ったのですが、よくよく見ると、クロスメンバーはギヤボックスを支えているだけ。エンジンやミッションマウントはつながっていません。ので、クロスメンバーごと外しました。割と簡単に外れてくれました。

外したのと中古品を並べたの図。

ブラケットなどは移設し、本体を載せます。パイプのガスケットは新品に。タイロットエンド、シャフトを接続します。オイルを入れエアを抜き、最後に大事なトーイン調整を行います。

試運転。ばっちりです!

フィット キャリパー オーバーホール ブレーキパッド交換

       daisyousekiyu    ★メカニックブログ  

こだまの森です。今日はフィットです。実は先日持込でブレーキパッド交換をご依頼されたお客様なのですが、その際にピストンの固着がわかり、オーバーホールの必要が出てきたので改めて再入庫となりました。

まずはキャリパーを外します。上下のスライドピン部を回せば簡単に外れます。ブレーキホースガついていますので、そいつも外します。

 

ブレーキフルードが出てきますので、オイル受けにたらっとたらしなんとなく抜いときます。ホースからもフルードが出てきます。

外れました。

続きを読む

ウィッシュ イグニッションコイル? いえいえ、インジェクタ不良

       daisyousekiyu    ★メカニックブログ, 未分類  

こだまの森です

今回はウィッシュです。

アイドリングがばらついています。エンジン本体も震えていました。スロットルをあけると、「ボ・ボ・ボボボ」という感じで吹け上がりが悪いです。どうやら典型的な1気筒死んでいる症状です。

一番多い原因として、まずイグニッションコイルを疑いました。

進んでいきます。

まずエンジンカバーを取ります。

  

続きを読む

アルト ベルト鳴き・・・ ファンベルト・エアコンベルト交換

       daisyousekiyu    ★メカニックブログ  

野良猫でーす

今回は ベルト鳴きの為 ベルト交換したので紹介します

続きを読む

ハイエース ターボ効かずーーーコンプレッサエルボ交換

      2018/08/24    daisyousekiyu    ★メカニックブログ  

こだまの森です。

200系 3Lハイエースです。お客様からの問診によると、発進からゆっくりアクセルを踏み込む分には問題なが、アクセルをグっと踏み込み過給をかけると異音がし、なかなかスピードが上がらない。ターボが効いてないみたいだとのこと。

お電話でのご依頼からご来店までの間、同じような症例が無いか少し調べてみました。過給系統の圧が上がらないということならいくつか場所は限られてきます。走行距離、日ごろのメンテナンスなどからタービン本体では無いのではないかと思って調べていると、どうやらタービンについているエアを取り込む「コンプレッサアウトレットエルボ」という部品の破損が多いようです。

で、入庫いただきました。

まず運転席を外します。14mmのボルト4本と、シートベルトウォーニングのコネクタを外すと簡単に取れます。

  

次にカバーをめくりエンジンカバーの12mmボルトを外しエンジン右上部を露出させます。

  

  

続きを読む

レガシー タイミングベルト&ウォーターポンプ交換

       daisyousekiyu    ★メカニックブログ  

こだまの森です。本日はレガシーのタイミングベルト交換をご紹介します。

エンジンこちらです♪

カバー外します。

アンダーカバー外してラジエターから冷却液抜きます。ドレンコックを外しラジエターキャップを緩めるとビャーっとなかなかの勢いです。

  

続きを読む

JB23ジムニー クラッチすべり! クラッチ交換

      2018/08/04    daisyousekiyu    ★メカニックブログ  

こだまの森です。

ジムニーです。「お客様から3速ぐらいでなかなか加速しない」とのこと。試運転すると見事にクラッチが滑っていました。で、早速交換することになりました。

ジムニーはフロントデフ・トランスミッション・トランスファ・リヤデフが完全に分かれてついています。

ですので重量もさほど重くなく、一部一体型の車よりはやりやすい面もあります。右下写真中央ほどにある部分です。

  

まずミッションオイルを抜きます。あー、結構汚れてますね。ついでに交換できるからよかったです♪

続きを読む

アルト フロントタイヤの所から異音!ブレーキパッドを交換

      2018/08/01    daisyousekiyu    ★メカニックブログ  

こんにちわ 野良猫です。

フロントタイヤの所から異音がするということで点検したところ

ブレーキパットが原因の為 交換しました

続きを読む